血圧と食事の関係

ごはん

日本人に多いと言われている高血圧は、あらゆる病気の原因となり得るものです。塩化ナトリウムを摂りすぎ、肥満によるもの、過度のアルコール摂取、精神的ストレスなど、血圧をあげる要因は様々です。高血圧のままでいると、心臓が高い血圧に対抗して働いて負荷をかけることとなりますし、血管にも高い圧力がかかり、それによって動脈硬化を起こし、腎臓病や心不全、脳梗塞などにつながってしまいます。高血圧は目立つ症状が出ないことが多いため、気付かぬうちに血管や心臓に負担がかかり、ある日突然心臓病や脳卒中になることもあります。少しでも血圧が高いと言われた場合、生活習慣を見つめ直し、血圧を下げることを意識した食事療法を始め改善するといいでしょう。

食事療法と高血圧は切っても切れない密接な関係にあります。まず、特に血圧を上げる大きな要因となっている塩分についてです。献立や調理法、食材の選び方も考えて、減塩を心がけるようにするのが大切と言えます。食塩を多く使用しているものには、漬物や干物、佃煮などがあり、煮物や汁物などを作る際は塩分の少ない天然出汁を使うのがおすすめです。薄味でも美味しく食べられるようにするポイントとしては、酢やレモンなどの酸味、しいたけなどの風味のある食材を利用することです。また、食卓で使用するソースや醤油なども、かけすぎは控えるようにし、麺類のスープや味噌汁なども飲まないようにしましょう。食事療法と聞くと厳しそうに思えるかもしれませんが、美味しく食べられる工夫すれば改善できるので、食事療法を続けていきましょう。

血圧が高い人のための食事

家族

日本人の多くが抱えている高血圧の治療には、食事療法を行うことが重要です。食事療法を行うことで、血圧を下げたり、合併症を改善することができます。自分自身にあった食事療法の指導を受け、その指示通りに続けていきましょう。

血圧を下げる食事

男性

高血圧を解消するために食事療法はとても効果的です。しかし無理な改善は続きません。そのためまずは自分にできることから始め、はどのくらい塩分を摂取しているのかを知りどのように食事を改善していくかを見直すことが大切です。

美味しく食べられる献立

食事

腎臓病の方でも工夫することで美味しい食事を取ることが可能です。おすすめの献立としては豆腐ハンバーグと五目甘酢炒め、いんげんとキャベツのピーナッツ和えの組み合わせなどです。塩分相当量も少なく、腎臓病の方でも安心して食べることができます。