美味しく食べられる献立

食事

概要など

一般的の腎臓病の方用の食事というと味が薄く、美味しくないイメージがあるかもしれません。腎臓病の治療においては、薬物治療などがありますが、最も効果的なものは食事療法です。そのため、まずは毎日の献立から工夫することで、腎臓病の症状を緩和すると良いでしょう。まず献立の決め方としては最もバランスが重要になります。またたんぱく質や食塩の摂取量を自ら考えることも重要です。摂取しても良い量や必要量は個人差があるため、医師や管理栄養士の方に相談すると良いです。具体的な献立としては、まず肉がメインになるものとして、豚肉の生姜焼きとポテトサラダ、ほうれん草のおひたしです。ポテトサラダでは、しっかりマヨネーズを使い。しっかりとカロリーを摂取します。

具体的な献立

次も肉がメインの献立の組み合わせとしては、豆腐ハンバーグと五目甘酢炒め、いんげんとキャベツのピーナッツ和えです。ハンバーグと作る場合には、脂質の多いひき肉の量を控えめにして、代わりに豆腐を混ぜます。副菜には、甘酢やピーナッツ和えなどにすることで、味のバリエーションを増やせます。この3品目で塩分相当量は2g程度と少なくなっていることも特徴です。そのため腎臓に負担も少なく、腎臓病の食事としては最適です。また料理をする際のポイントとしては、事前に野菜を小さく切って茹でておくことが重要です。これにより、野菜に含まれるカリウムを減らすことが可能です。手間をあまりかけずに腎臓病の食事を取りたい場合は特殊食品もあります。