血圧を下げる食事

男性

下げるコツ

高血圧の場合食事療法はとても効果的です。血圧を下げるには基本として塩分を下げなければいけません。そのため塩分が低いものを選ぶ必要があります。塩分の量は商品の内容量を見て判断していき一日の摂取量をノートに書いておくと一日にどのくらい摂取したか数字であらわれるため改善につながります。一回の食事では少ししか取っていないと思っていても、一日をとしてみると自分が思っている以上に塩分をとってしまっていて、高血圧の原因が食事にあると判断できる材料になります。もしそのデータから食事が原因だと判断できた場合、食事療法をとることによって高血圧を改善していくことができます。血圧を下げるためにはまず自分のデータをしっかり知っていくことが大切になっていきます。

知っておくべきこと

食事と言っても基本とどんなものにも塩が使われていると言っていいほど塩はみじかな調味料です。そのため意識していても食べないということは不可能です。しかし塩分は全く取らないというのは逆効果になってしまうので、少しであればそこまで気にする必要はありません。食事療法で一番気をつけなければいけないことは食材による効果が最も大切です。付き合いでお酒を飲む場合お酒自体にも血圧を上げる効果があるため、注意をする必要もあります。しかし、辛いものと一緒に食べながら飲んでしまうと高血圧になりやすくなってしまいます。この二つには血行を促進する作用があり二つを摂取することによって急激に血管が広がります。高血圧になるやすいため、この二つを同時に摂取しないことも食事療法をする上で知っておく必要があります。